顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

顎関節症の原因は

歯並びや噛み合わせなどの口まわりのトラブルが、どのようにして顎関節症の原因になるのか、顎の骨と筋肉のしくみを調べました。

顎関節症が起こるしくみ

顎関節症はそもそも、上顎と下顎のずれによって起こります。

上顎と下顎は蝶つがいのように関節でつながっていて、口を開けたり閉めたり、ものを噛んだりできるようになっています。顎関節症はこの関節に起こるトラブルです。

顎関節にある、ものを噛むための筋肉を咬筋といいますが、上下の顎の骨がずれているとこの咬筋が伸びてしまいます。

筋肉が伸びていると脳からそれを収縮させるための指令が出ます。この指令は筋肉を動かすときには必要不可欠。しかしそうでないときに常に出ていると、過緊張を引き起こしてしまいます。

これが顎の痛みや、口が開かないといったトラブルの原因になるのです。

またずれた関節は、自然に正しい位置に戻ろうとします。口を開けたタイミングでずれた状態から正常な位置になることが多いので、その際にクリック音が鳴るのです。

骨がタテにずれていると両側の咬筋が伸びます。また、左右にずれていたり、ねじれた状態になっていたりすると、問題が起こるのは両方あるいはどちらか一方。

しかし片側に問題があればもう一方にもトラブルが生じるのは時間の問題ですし、体の他の部分にも歪みが出てしまうでしょう。

歯のトラブルが引き金になりやすい顎関節症

なぜ顎の骨がずれてしまうのか、実ははっきりした原因はわかっていません。

成長期に固いものを食べないとよくないとか、背骨のゆがみが原因とか、色々な説がありますが、直接の原因となるのは歯並びなど歯のトラブルが中心です。

噛み合わせが悪いと上顎と下顎の位置がずれてきてしまいますし、インプラントや被せ物などが高すぎたり低すぎたりしても同様。また、歯周病によって歯がぐらぐらしている場合も噛み合わせが不安定になり、顎関節症を引き起こしやすいといわれています。

また、症状も原因によって異なることがあります。顎関節症で現れるのは顎のクリック音や痛み、口が開かないといった直接的な症状だけではありません。めまいや頭痛、うつ症状などさまざまな症状が平行して生じますが、その症状の種類が原因によって異なるのです。

思い当たる症状がある人は、歯科・口腔外科などの、顎関節症の専門医のいるクリニックを一度受診してみることをおすすめします。