顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

インプラント

虫歯や歯周病など、何らかの疾患で歯を失った人に対して、義歯(人工歯)を取り付けたものがインプラントです。ここでは、インプラントによる顎関節症の施術方法、メリット・デメリットを紹介します。

ほかの治療方法と併用も可能な人工歯

インプラントはおもに、3つのパーツに大別することができます。それは、「義歯の部分」と、その義歯を支えるために顎骨に埋め込まれた「土台の部分」、そしてその2つを「繋ぐ部分」です。インプラントという名称も、厳密にいえば「土台の部分」のことをさす言葉です。

インプラントは欠損した歯の治療のためだけでなく、正常なかみ合わせにするために、顎のずれを改善するときにも利用されることがあります。ただし、その場合は逆にかみ合わせが悪くなるケースもあることから、歯科医のテクニックや経験が極めて重要です。

また、このインプラントは、たとえばバイオプレート治療などと組み合わせることもできるのが特徴です。

【インプラントの施術方法】

  1. カウンセリング後、口内の検査などを行、レントゲンやCTスキャンを受けます。
  2. 虫歯や歯周病があった場合は、先にその治療を済ませます。
  3. インプラント(土台)の埋め込み手術を行います。
  4. 歯型取ります。
  5. 歯形を元に作られた義歯を土台の上に装着します。

○インプラントのメリット

・歯を失っている人でも、かみ合わせの治療ができます。

・自分の歯と外観が似ているので目立ちません。

●インプラントのデメリット

・費用が高額。

・定期的にメンテナンスが必要です。

・タバコはNGなので、喫煙者は禁煙しなければなりません。