顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

スプリント

スプリント療法は、マウスピースのように歯に挟む装置(スプリント)をつけて顎関節症を矯正していく治療方法です。

顎関節症の原因の一つである、かみ合わせの悪さを正しく戻すことが目的で、マウスピースとは違い、歯茎に装置をかけず、歯や歯の上部だけに取りつけるタイプが多いようです。

固定されているので自分で調整は不可能

スプリントには色々な種類があります。素材も、しっかりと固定できる金属や、アレルギーでも安心できる樹脂など様々なものが揃っています。形は、気になるところだけを覆う部分スプリント、歯全体をカバーするフルマウススプリント、眠るときに装着するスリープスプリントなど、目的や治療箇所に合わせた数多くのタイプが存在しています。

【スプリント施術方法】

まず、レントゲン撮影をし、歯型を取ります。ここで注意したいのは、虫歯や詰め物に問題(欠損など)があった場合、先にそちらの治療がされることです。治療が済んだ時点で、歯形をもとにスプリントが作成されます。スプリントが完成したら、それを歯に装着します。眠るときなどにスプリントを装着し続けることで、顎関節症の改善を目指します。

○スプリントのメリット

・手のひらサイズで、携帯しやすいです。

・着けた時の違和感があまり無いため、生活への支障が少ないです。

・メスや薬を使用せず、簡単に治療を始めることができます。

●スプリントのデメリット

顎関節症の悪化を防ぐことには効果がありますが、根本的な治療にはあまり向いていないようです。

それは、バイオプレートと比べると理由がよくわかります。バイオプレートは自分でプレートの高さを調整できますが、スプリントは固定されたままです。治療が進むと、歯型はしだいに合わなくなってきてしまうので、そのたびに歯科医院を訪れ、作成し直さなければなりません。その手間から、リサイズせずに同じものを使い続ける人もいるので、そのあたりも治療法選択の参考にしてください。

顎関節症の悩みを解決してくれる専門医一覧はこちら>>