顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

自律神経失調症

自律神経失調症から、顎関節症を患うケースもあります。 また、逆に顎関節症の症状として自律神経失調症が出る場合があります。

なぜ、そんなことが起こるのでしょうか。そのしくみと原因をご紹介します。

自律神経と自律神経失調症

ご存じのかたも多いかと思いますが、自律神経失調症とは自律神経という神経の機能が乱れ、体にさまざまな不調が現れる疾患です。その自律神経とは、「心臓を動かす」「汗をかいて体温を調節する」「ホルモンを分泌する」「免疫をつける」など、自分の意思では制御できない部分の動きを管理しているものです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」という正反対の役割を持つものがあります。「交感神経」は起きている間の活動、「副交感神経」は休息と深くかかわっていて、これは私たちのなかで交互に切り替わって作用しています。

◆自律神経失調症の症状

頭痛、耳鳴り、口の乾き、疲れ目、のどのつまり、動悸、めまい、のぼせ、冷え症、息苦しい、息がつまる、息苦しさ、吐き気、便秘、下痢、手足のしびれ、多汗、冷や汗、皮膚の乾燥やかゆみ、頻尿、残尿管、インポテンツ、生理不順肩こり、倦怠感、微熱、ほてり、食欲不振、睡眠障害、不安感などなど。列挙するとキリがないほどです。

顎関節症が自律神経失調症を引き起こす理由

前述のように、自律神経は交感神経と副交感神経に分かれています。脳と体を動かす役目をする神経が交感神経、その反対に脳や体を休ませるのが副交換神経です。

自律神経失調症では、この交感神経のほうが過剰に働き、副交感神経に切り替わることがなくなってしまいます。脳や体に睡眠を取らせたり、休んでいる間に胃腸を動かして食べ物を消化する役割を果たすのは副交感神経ですから、これが正常に働かないと睡眠不足に陥ったり、食欲がわきません。

かみ合わせの悪さなどで顎関節の周囲の筋肉から緊張が脳にまで伝わり、顎関節症によって自律神経失調症を発症させる場合もあります。 また、逆に自律神経失調症によって、体の不調から顎関節症を患ってしまうケースもあるのです。