顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

目まい・耳鳴り

骨のゆがみが耳に悪影響を及ぼす理由など、ここでは顎関節症からくる目まいと耳鳴りを取り上げています。

目まいや耳鳴りなどが、顎関節症の症状として現れることがあります。耳は顎関節の近くに存在しているため、顎関節症の影響を受けやすく、「内耳」「中耳」の異常は目まいにもかかわってきます。

顎関節症が耳鳴りや目まいにつながるしくみ

ご存じのとおり、顎関節症は顎関節にゆがみが生じます。すると、顎関節に接しているほかの骨にも、そのゆがみが伝わり、耳鳴りやめまいの原因となっていると考えられています。

加えて顎関節の周りの筋肉から内耳や中耳にまで悪影響が及び、難聴などの症状が出てしまう場合もあるそうです。

これは口が開け閉めしづらくなったことで、顎関節の周りの筋肉に排出されるばずの老廃物が蓄積され、顎関節のそばを通っている内耳の神経に支障をきたすためだと考えられています。

目まいの原因は「蝸牛」と「三半規管」

顎関節の影響が内耳や中耳に伝わり、目まいが起こるのは、耳のなかに音を感じる「蝸牛」と呼ばれる器官や、平衡感覚を感じ取る「三半規管」があるためです。

蝸牛(かぎゅう)は、「かたつむり」とも読みます。そうです、アジサイの葉などによくいる、あのカタツムリです。耳の器官である「かぎゅう」も「カタツムリ」も、同じ漢字が使われているのです。と言うのも、耳の中の蝸牛は、その見た目がカタツムリそっくりなため。人体図などで見たことありませんか?

耳の構造は、「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分かれています。外耳は音を集める役目。中耳は外耳で集めた音を内耳に伝える役目。そして内耳は音を感じて、それを脳に伝達させる役割があると考えられています。蝸牛は内耳に存在し、音を感じる役目があるとされていますが、実際のところは未だ詳しい機能が解き明かされていない部分も多い器官です。

「三半規管」も蝸牛と同様、内耳にある器官です。平衡感覚を司っていて、半円形をしたチューブ状をしています。実は、この三半規管という名称は、「前半規管」「後半規管」「外半規管」の3つの半規管の総称なのですが、その事実はあまり知られていません。

蝸牛も三半規管も、内部はリンパ液で満たされています。リンパ液は、老廃物の排出ととても深いかかわりを持っているため、顎関節周囲の老廃物の蓄積からも強い影響を及ぼされてしまうのです。これが、顎関節症と耳鳴り、目まいの関係です。