顎関節症を根本から治すための情報サイト

顎関節症治療の専門医ナビ

顎の痛み

このページでは、顎関節症の痛みに焦点を当て、その原因について解説しています。また、顔面のゆがみやきしみ、変形などについても取上げています。

また、「顎関節症」「顎関節炎」との違いについても紹介していますので、ぜひご覧ください。

1.顎関節症の痛みと症状

・顎の痛み
顎や顎関節、頬、こめかみなど、特に顎を動かしたときに強く痛みます。

・頭痛がする
頭痛薬を飲んでも痛みが引かないような場合は、顎関節症が原因でることが疑われます。一度、専門医に診てもらうといいでしょう。

・口を大きく開けられない
人が口を大きく開けたときには、通常、指が3本入ります。もしも、これが指2本以下など開口障害がある場合、顎関節症の疑いがあります。

・顎を動かしたときにきしみがする
食べ物をかむときなど、耳の近くで「ミシミシ」「ザリザリ」「カクッ」など、きしむ音(関節雑音)が聞こえる場合も顎関節症を疑ってください。

・顔がゆがむ、顎が変形する
かみ合わせに異常が生じると、顔がゆがんだり、顎が変形するケースもあります。

また、このほかにも、顎関節症の影響によって首筋や肩などの凝り、耳の痛みや耳詰まり、目まいなどの症状が出ます。

2.顎関節症の原因

・歯ぎしり(ブラキシズム)
歯ぎしりは顎関節にかなりの負担がかかるため、顎関節症の原因になりやすいです。多くの人は仕事中や眠っている間など、気づかないうちに歯ぎしりをしているため、とても自覚しにくい症状です。また、歯ぎしりをしてしまう原因にはストレスが深く関わるといわれています。

・咀嚼が偏っている(偏咀嚼)
食べ物を噛む時に右か左のどちらかだけで噛むことを偏咀嚼(へんそしゃく)といいます。偏咀嚼は片顎だけに負担がかかるため、顎関節症になりやすいです。

・歯のかみ合わせが悪い
歯ぎしりや偏咀嚼になりやすくなる原因が、噛み合わせの悪さです。正しい噛み合わせは上下の歯同士がピッタリ合わさった状態をいいます。

3.顎関節症と顎関節炎との違い

顎関節炎の「炎」とは炎症のことで、顎関節症の「症」は症状を意味していています。しかし、実は顎関節症と顎関節炎ははっきりとは区別されていません。

ですが一般的な医療用語としては、「炎」は急性的な場合に、「症」は慢性的な症状であるときによく使われます。そのため、顎関節症も慢性的な場合に、顎関節炎も急性的な場合に、そう呼ばれることが多いようです。

>>顎関節症専門医がいる歯科医院一覧はこちら<<